Bar 子ペンギン

日本も早くキャッシュレス社会が来て欲しい

f:id:child_penguin:20180414233737p:plain:w200

コペンです!

生きてて必要なもの。それは間違いなく金です。
さて、みなさんお金を払うときは何を利用していますか?

基本的にこの3つのうちのどれかだと思います。

わたしの場合、クレジットカードとSuica(Apple pay)しか持ち歩いていません。
そう、現金しか使えない店に入った瞬間終わりなのです。

しかし日本には未だ、現金でしか払えない店が多いです。
今回は中国のWeChat PayとAliPayを見ながらなぜ日本でキャッシュレス社会にならないのかを考察していきます。

WeChatPay

https://prtimes.jp/i/5429/474/resize/d5429-474-977069-1.jpg

中国の大手企業Tencentが運営するチャットアプリWeChatに乗っている決済アプリです。
日本でいうとLINE & LINE Payのような立ち位置ですね。
WeChatPay自体は2013年からサービスが開始したようです。

WeChat自体はユーザー数が 10億人近くいるそうです。
人類の7人に一人がインストールしているアプリ・・・と考えるとものすごいですね。

Alipay

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4c/Alipay_logo.png/220px-Alipay_logo.png

かの有名なアリババグループの決済アプリです。
こちらはユーザー数が5億人を超えているようです。
なぜAlipayがこんなにユーザー数いるのかというと、サービス自体が2004年から開始されています。
先行者利益ってとこでしょうか。
しかしWeChatPayが加盟店を急速に伸ばし、逆転をしていったようです。

日本ではなぜキャッシュレスが流行らないのか

日本円の信頼が高すぎる

中国でキャッシュレスが加速した理由は偽札が本当に多いからです。
なんとATMで下ろすと全部偽札が出てくるときもあるそうです。
そのくらい中国元の紙幣は信頼がありません。そのため、デジタル化の進行が早いと思われます。

一方日本円はとても信頼があります。
ATMから偽札が出てくるなんて聞いたことありません。
そのため、デジタル化するモチベーションが低いからと想像します。

加盟店が慎重?

わたしはLINE Payが出た時に、ついに日本でもキャッシュレスが・・・!と思いきや意外とスロースタートです。
LINE PayはJCBのカード決済を使って加盟店を伸ばして来ましたが、実際にアプリで表示されるコードで決済できる店はとても少ないです。
今後はコード支払いを拡大していくようなので要チェックですね。

japanese.engadget.com

ハッキングを恐れている

やたら決済周りを見ているとブロックチェーンが〜というのを見ます。理由を聞くと改ざん(≒ハッキング)されないようにと言います。。
WeChatPayやAlipayブロックチェーンを利用しているでしょうか?答えはNoです。
しかし彼らも研究はしています。 いずれ使えるであろう技術の一つです。
たしかに堅牢なセキュリティは必要ですが決済システムは既存の技術で実現可能です。

ただ、店のQRを書き換えるというオフラインでのハッキングはあるようですw

roboteer-tokyo.com

スマホの電池切れ

正直いうと自己責任です。
まずはスマホが充電できるスタンドを日本中に立てるといいのかな・・・?w

超長持ち電池の発明を期待しています。

日本で主流となるのは・・・

日本はまだまだこれからだと思います。
これから主流となるであろうアプリを3つ紹介します。

LINE Pay

line.me

言わずもがなLINE Payは決済手段として大きく勝ち進むでしょう。
しかしこれからキャッシュレス戦国時代になります。
いかに加盟店を勝ち取って行くかが鍵ですね。

Yahoo! ウォレット

wallet.yahoo.co.jp 最近Yahoo!さんは決済に力を入れようとしているようです。
こちらのニュースで次期社長の川辺さんが話しています。

mag.executive.itmedia.co.jp

Yahoo!さんは約4000万人のユーザーがいるようです。
このユーザー層にアプローチできると大きくなりそうです。
が、わたし自身だけで10個くらいアカウント持ってます。

merpay

www.merpay.com

ここ最近気になっているのが、メルカリを出しているmercariが始めようとしているmerpayです。
現在開発中ですね。

ここ数年で大きく拡大したメルカリですが、他にも様々なアプリを出していますね。
総ユーザー数はなんと5000万人を超えているとか!

そしてこちらの記事をみると、メルカリは若い世代の比率が高いようです。 www.d2c-smile.com

キャッシュレス社会ではアプリが主体となることで若者に対するムーブメントを起こすことが必要と考えており、merpayが1つの起爆剤になるのでは?とわたしは考えています。

日本人よ、現金を捨てよう

捨ててはダメですけど、全部銀行に預けておきましょう。
持つべきものはスマホとクレカだけです。

将来はクレカもいらなくなって、スマホだけで生きていける社会になってほしいものです。