Bar 子ペンギン

分散型組織が成り立たないと思う理由を考えてみて、どうすれば成り立つか考えてみた

分散型組織

分散型組織とは

分散型組織は全員が決定権を持ち、全員が経営を意識しながら活動できる組織です。言うなれば全員経営者

最近エイベックスの松浦社長の記事が話題になりました。 goetheweb.jp

果たしてこれから分散型組織は中央型組織に取って代わって成り立つものか。
わたしは成り立たないと思っています。今回成り立たないと思う理由を書いていきます。

メリット・デメリット

こちらのサイトがわかりやすいです。
ご覧ください。
bizhint.jp

勘違い

この分散型組織について様々な勘違いがあります。

全員が違うところにいる

フルリモートワークに近い形になると思ってる方がいらっしゃるようですが、それは違います。
あくまで全員が主体的になる一つの組織体です。
正直なところ、別の時間・場所で働くのは非常に困難です。
最低限チーム自体は同じオフィスで働きましょう。
f:id:child_penguin:20180416192718p:plain

ブロックチェーンで全自動化

forbesjapan.com 率直に言ってしまうとその未来は考えづらいです。
ブロックチェーンはパブリックブロックチェーンでしょうか?
それだと全情報公開されてしまいますね。
ではプライベートブロックチェーンでしょうか?
プライベートブロックチェーンを一社でやる以上特にメリットはないです。
そんなことよりも、とにかくITを導入しましょう!(チャットツール・勤怠管理ツール・経費精算ツール・ドキュメント管理ツール)

成り立たないと思う理由

前提条件が辛すぎる

全員が経営を意識し、全員が責任を持ち、全員が主体的に動くことがそもそも難しいです。
様々な会社を経験してきましたが、皆が主導権を持ってリードしていくことは一度としてありませんでした。
自由にやったプロジェクトでさえ、リーダーは一人でした。
そもそも論ですが、結局は雇われている時点で無理なのかもしれません。

評価がしづらい

評価がしづらくなります。
世の中結果だけが評価ではありません。
プロセスでも文化でも作った人が評価されるべきです。
しかし皆が経営者、自分を評価するということが一番でしょう(もちろんそうでない人もいますが、経験上自分を持ち上げる人は多いです) そうなると見える未来は崩壊です。

給料を決めづらい

評価がしづらいのと同じような問題ですが、全てがオープンな組織で給料テーブルは喧嘩がおきます。
以前小さい企業で働いていた時に、何もしていない人が一番会社で年収高かった時がありました。経験があるからという理由でした。
そもそも納得のいく給料テーブルなんてできるわけありません。全員が全員違う仕事をしているのだから。

新しく入ってきた人が慣れない

これは現状そういった組織が少ないからというのも理由だと思いますが、新しく入ってくれた人が分散型組織の文化についていけない可能性が高いです。

どうすれば成り立つのか

リーダー以上全員経営者

リーダー以上を軸に分散型組織を作っていくことは可能です。
リーダー以下は従来型の組織です。
実際にこういった会社はよくあります。
ベンチャー企業だと必然的にこのような体制になることが多いです。
分散型組織に中央型組織をぶら下げることで、主体的にやる人がリーダーとなり、管理されたい人はその下で働くことができます。
もちろんチームに跨いで属することも可能です。
f:id:child_penguin:20180416205157p:plain リーダーが評価し、チームメンバーの待遇を決めます。
もちろん信頼関係が重要なので、しっかりコミュニケーション取りましょう。

ITによる改革

ITの力を使って自動化、電子化を進めましょう。
今時紙なんていりません。
ミーティングもチャットツールを使えば大幅に削減できます。 f:id:child_penguin:20180416232100p:plain
勤怠も経費精算も日報も全て電子化しましょう。

最後に

全員が経営者になりたいわけじゃない。
まず、これを理解してください。
全員が全員経営者になりたいわけでもリーダーになりたいわけでもありません。
わたしの経験上かなりの確率で、誰かの下で働きたいと思っています。
これは悪いことでもなく、人の性格そのものです。
全てを受け入れていいチームを作っていきましょう。