Bar 子ペンギン

IT企業のマネージャーがとにかく上に登り詰めるための仕事論:20代から年収1000万円を獲得するために

わたしの仕事論は「今の仕事は次の仕事を得るためにある」です。
※この仕事論には一部精神論が混じっています。ご了承ください。

今の仕事は次の仕事を得るためにある

仕事論

仕事論はみなさんそれぞれお持ちですよね。
仕事に対する価値観・姿勢・やり方

今回はわたしが様々な会社を渡り歩き、20代で年収が1000万を超えた経験からどのように登り詰めていったのかの仕事論を書いていきます。

前提条件

ITです。 

私は根っからのITベンチャー企業好きです。
出来上がりたてのスタートアップから創業10年経つ老舗ベンチャー、渋谷のメガベンチャーなど学生時代のインターンから現在まで様々経験しています。

大学は情報系の大学でした。しかし、元々好きだったのはメディアアートインタラクティブアートでした。
うまくデザイン・アートを組み合わせて面白いことができないかということを思い情報系の大学に進みました。
そんな経験から今に至ります。

職業としては様々な分野にわたってやっています。 時にはエンジニア、時にはデザイナー、さらにマネージャーから部長職まで幅広くやってきました。

マネジメントの経験が一番長いですが、エンジニアリングとデザインがわかるとマネジメントが楽になります。
もちろんマネジメントのスキルは他にも必要ですが、何よりも現場の言葉を理解できるとチーム力も上がります!

やるべきこと

仕事としてとにかくやるべきことは前に進むことです。
常に目標を意識し、計画をし、実行して改善していく。
まずはこれを習慣化することが成長する近道です。 f:id:child_penguin:20180415233203p:plain

目標

目標の立て方には様々な手法があります。
目標は小さなの目標を複数と大きな目標を一個決めると良いです。

フレームワークとしてはKPIやOKRが有名ですね。
わたしがオススメするのはOKRです。

OKR

最近出たオススメの本です

計画

目標を立てたら計画を立てましょう!
計画のペースは自分で決めます。
内容によっては一週間ペースであったり、一ヶ月ペースであったり様々です。
OKRでは四半期ごとに目標を立てていくのが一般的とされていますが、特に決まりはありません。
ただ、むやみに計画するのではなく、無理でもなく余裕でもないペースで計画します。
無理でもなく余裕でもないペースを計るのはとても難しいです。言ってしまうと、慣れなところがあります。
わたしからのアドバイスとしては、不可能ではないギリギリ達成できそう!という感覚で計画していくのがいいでしょう。

実行

とにかく目標達成に向けて動きましょう。
時間は有限です。
待っているとおいていかれますよ。

改善

むやみやたらに行動するのは意味がないです。
もちろんガムシャラにやるのは重要です。があまりに無謀すぎると周りからの信頼を失ってしまう可能性があります。
冷静になって、振り返りましょう。そして改善策を練って次の計画に移ります。
改善のフェーズの時には仲間の言葉も大事にしましょう。
自らを客観視できていない場合は多いです。

やるべきことはPDCAサイクルに近い

みなさんがよく知っているPDCAサイクル
わたしが考えていることはPDCAサイクルにかなり近いです。
わたしが感じていることは、これができない人たちが多いということです。
シンプルに継続することを意識していきましょう!

今の仕事をするのは次の仕事を得るためにある

さて、まずはわたしの仕事論の基本となるサイクルについて述べました。
しかしこれだけでは仕事は成り立ちません。
一人で目標だけ立てているつまらない人間になってしまいます(経営者の場合はこれで良いのですが)
ここからは実践として、どういうことをするか、どういう姿勢で仕事に臨んでいるかを書いていきます。

コミュニケーション

常にコミュニケーションを取ろう

コミュニケーションは常に取ることが大事です。
一人でもアップデートについていけないことがあったらそれはコミュニケーションを取っていないことになります。
常に取る時、会話では時間が取られてしまいます。
ここでチャットツールの出番です。
slackやhipchatなどを利用し、リアルタイムに状況をアップデートできるようにしましょう。
しかし、情報の乱発もよくないです。
しっかりみてもらう場(slackでいうとチャンネル)を設置し、見やすいように書きましょう。
例えば、とあるアプリケーションの機能の変更がある場合は以下のように報告します。

○○機能変更のお知らせ
アプリ版の○○機能の挙動を変更したので修正をお願いします。  
タップして△△ → タップして□□  
今から変更後のフロー図を送付します! 
よろしくお願いします。

特に担当者にメンションを飛ばせるといいですね。

ミスコミュニケーションを減らそう

コミュニケーションは絶対に不可欠なものですが、その反面ミスコミュニケーションの発生は多いです。
ミスコミュニケーションはなぜ発生するのでしょうか?
それはお互いの物差しが違うからです。
例えば、以下のようなコミュニケーションが挙げられます。

もう少しで終わります

OK

〜数時間後〜

まだ終わらないの?

雑な例ですが、このようなことはよく起きます。 どうやったら減らすことができるでしょうか?
まずは明確な管理をすることです。
もう少しというのは曖昧すぎて、いつだかわかりません。ある程度明確にして会話しましょう。
また、その明確にした時間に遅れそうな時はしっかり連絡しましょう。

あと1時間でおわります

OK

〜50分後〜

すみません、あと30分かかりそうです

(なるべく設定した期限には遅れないようにしましょう)

立場

プロになろう

下のブログにもありますが、トッププロを目指しましょう。
常に学び、使えないベテランにならないようにしましょう。

blog.tinect.jp

また、ルーティーンだけで仕事をしていて、もう何も学ぶことないよ・・・という人がたまにいます。
まずはそのルーティーンの改善をしてみましょう。
もしかしたら効率化ができるかもしれません。
あなたがエンジニアであれば自動化もできます。 もちろんエンジニアでなくてもWebから学ぶことはできます。
効率化されると、さらに仕事ができる時間が増えるので評価対象が多くなります。

主導権を取れ!

常に主導権を取っていきましょう。
主導権 ≠ 偉い です。
リーダーシップを取り、チーム(もしくは個人)をリードしていきます。
大企業だし、マネージャーになるには10年かかるわ〜というあなた!
今こそベンチャーに移るチャンスです。
ベンチャーでは年功序列の社会はまず有り得ないです。
給料テーブルも破壊的な感じになっています。(20代1000万から40代500万など)
一度実力試しに小さい会社を経験するというのはいかがでしょうか?

わたしは大学入学時からとある有名ベンチャー企業にお世話になっていて、そのまま就職しました。
その後、立ち上げたばかりの会社に行ったり、巨大な(所謂メガベンチャー)に行ったりしました。

主導権を取ることは自分のモチベーションが個人・チーム・上手くいけば会社のモチベーションへと変わっていきます。
主導権を握れるということは、仕事を任せられるということです。もちろん仕事のオファーも断然増えます。

強みと弱み

自分の強みを知ろう

強みを知ることは伸ばす能力を知ることになります。
例えば、話すの得意、絵を描くのが得意、管理が得意。
それぞれその強みを活かせる仕事があります。
そして、その強みをさらに伸ばし、誰にも負けない能力をつけましょう。

わたしの場合、とにかくチームワークというものが得意です。
ゼロからチームを作り上げること、文化を作ること、プロダクトをデリバーすること。
チームワークのためにワークフローを考えフレームワークを実践していくことがRPG的でとても楽しいです。(RPGゲームは得意ではありませんがw)

ではどのようにして強みを伸ばすかですが、これは人それぞれです。
わたしは会社に直接マネジメントをやりたいという意思を伝えました。また、週末に仲間たちと小さなプロダクト作りのチームをやっていたりします。

このように自分の強みを知り、伸ばす方法を模索しましょう!

自分の弱みを知ろう

弱みを知ることは自分が手を退くべきタイミングを知ることになります。
例えば、法律を理解するのが苦痛、プログラミングしたくない、お金の計算が苦手。
そのような時は他人に任せることが大事です。
さらに大事なのが、ただ任せるだけではなく、信頼して任せるということが重要です。
互いに信頼を高め合うこともまた、チーム力の向上につながるからです。

情報力

情報を常に仕入れよう

常に最新の情報を仕入れましょう。
私は常にNewsPicksやTwitterを見ています。
Twitterでは様々な有名人や起業家、VC、ニュースなどをフォローし、情報を仕入れています。
ただ、単にタイムラインの流れを見ているのではなく、いい情報を見つけたら”いいね”をしてあとで見れるようにしています。

f:id:child_penguin:20180416102746p:plain

常に情報を仕入れることで様々な人とのコミュニケーションにも役立ちます。
経営陣と話すとき、仲間と話す時、バーで知らない人と話す時、どんな時でも役立ちます。

常にアンテナを張って生きていきましょう!

まとめ

簡単にまとめると大事なことは以下のことです。

  • コミュニケーションを取る
  • リーダーシップを取る
  • 自分を知る
  • 世界を知る

今からでも遅くないです。実践していきましょう!

最後に

わたしは上記のことを実際に行動に起こすことで年収1000万を20代で越えることができました。
実際運であるところもあります。入る会社次第でしょと思われるかもしれません。
ただ、どんな会社であろうと向上心を持って、常に上へ走っていくことが大事です。

あなたがエンジニアなら世界で戦えるエンジニアリングを身につけ、常に最新を追うことに努力しましょう。

あなたがデザイナーなら自らのデザインで世界を魅了しにいきましょう。今時Webサイトやアプリもデザイナーが作れるようになっています。(もし大嫌いなのであれば友人や外注を利用しましょう)

あなたがマネージャーならチームを成功へと導きましょう。一生懸命になり、親身になり、最強のチームを作っていきましょう。